借金返済を待ってもらうことはできるのか?

MENU

借金返済を待ってもらうことはできるのか?

どうしても借金返済をすることができないという場合には、どれくらい待ってもらうことはできるのでしょうか。
実際には、支払期限までに必ず返すという前提で借金をしている為、本来であれば期日までに返済しなくてはなりません

 

 

それでも支払い忘れなどがある場合には、数日なら猶予をもらえる場合もあります。
事前に電話をして返済日の2〜3日後まで待ってもらうとか、1週間くらいなら何とかなるかと思います。
貸している側からすればそのまま連絡が途絶えてしまったりするとそっちのほうが回収が困難にあることもあるので少しぐらいであれば交渉によって待ってもらうことができる可能性が高いでしょう。

 

借金を待ってもらえる可能性はありますが、信用情報への影響はどうなってしまうのでしょうか?
数日でも遅れれば社内の履歴には半永久的に残る可能性があります。
信用情報で言えば、61日以上の遅延はブラックリストに載ると言われています。

 

 

法律上、家や会社まで取り立てに来られることはありませんが、電話での借金返済の催促は会社にも自宅にも返済が遅れてすぐに来ることもあります。
会社に借金の取り立ての電話が来てしまうと、立場上も問題になる場合もあると思います。
期日までに返済できない場合には事前にその旨を連絡し、遅くとも1週間以内に返済すれば会社に電話がかかってくることも無いと思います。

 

連絡がなければ金融業者側も状況を把握するためにも勤務先などへの連絡などを行う可能性は十分に考えられます。
短期間でも遅延を繰り返すと、新たな融資が受けられなくなる場合もあるのでしっかりと返済計画を立てましょう。