自宅は残したままで債務整理

MENU

自宅は残したままで債務整理

借金は借りたのであれば必ず返済を行う必要がありますよね。
お金を借りる時は返済することができる額しか借りてはいけませんし、借金をする際には計画性も必要です。

 

きちんとした計画をたててお金を借りるようにしましょう。
ですが何らかの理由によって返済ができなくなってしまった時、債務整理を行うという方法もあります。

 

債務整理をすることで債権者と債務者の交渉によって返済額を減額、利息分をカットなど、返済することができるような状況に持っていくことが可能なのです。

 

債務整理の際の方法が自己破産であれば自己破産をする際には保有している不動産は全て手放さなければいけません。
ですが債務の任意整理をする場合には住宅ローンの支払いを行いながら住宅を失うことなく任意整理をすることが可能なのです。

 

住宅ローン以外の債務が多くて任意整理が難しいという場合ですが、その場合でも個人再生の住宅ローン特則というものを利用することで不動産を残すことが可能となります。

 

ですがその場合の残せる不動産は住んでいる家とその土地、敷地のみだけになっています。