口約束でした借金が返せない場合

MENU

口約束でした借金について

口約束でした借金

口約束で借金をした場合にも、返済するのが人間として当然です。

 

相手は自分を信用して貸してくれたので、人間関係を壊さないためには返済するのは当然の義務です。

 

ただ「必ず返す」とだけ伝えて、実際には「いつ返す」、「どのような方法で返す」等を具体的に決めていない場合には、契約として成り立たない場合もあります。

 

口約束の場合には「返すなんて言っていない」と言ってしまえば、契約とは言えなくなってしまうからです。

 

本来であればたとえ信頼した相手であっても借用書を作って、いつ返すのかやどのように返済してもらうのかをはっきり決めて書きとめておくのが望ましいのです。
借用書を作ってほしいなんて言うとお金を借りたい相手に悪いのではと気を使う必要はありません。

 

少額の貸し借りで弁護士を雇って裁判を行うというと、必要なかった費用まで掛かってしまうので現実的ではありません。
持ち逃げをしても刑事事件に発展するというようなことは無いと思いますが、人間関係を壊す為、友達がいなくなったり誰からも借金をできなくなる可能性が高いです。

 

お金の貸し借りの揉め事は、傷害事件や殺人事件にも発展している例も多いように、可能であれば消費者金融などの金融機関から融資を受けるのが良いでしょう。

 

また、すでに消費者金融などの借金を背負っていて、それを返済することができず、債務整理をしたとします。
債務整理は借金を減らしたり、帳消しにすることができる手続きですが、口約束でした借金に関しては対象外となります。

 

ですので、逆に言えば、債務整理をしたからと言って、口約束でした借金まで減らしたり、
帳消しにしたりすることはできないということです。

 

おそらく、口約束で借りられるぐらいの金額ですのでそこまで大きな金額にはならないと思います。

 

なのでここまでの流れを考えれば、口約束でした借金はきちんと返済しておくことが望ましいのではないでしょうか?